なぜ今PRiSMA®オフィスグラスなのか

血液循環の再生には理由があります。

赤色光近赤外線波長シトクロムオキシダーゼ
(ミトコンドリアの機能のための重要な酵素)を活性化することができます。

したがって、治癒を促進し、細胞規模の組織破損を修理します。
もし、1日の大半を水銀光だけの中で過ごし、長い間画面を見つめるとしたら、
目は短波長である青色光の過負荷となります。

太陽光と水銀光のスペクトラム図

Copy Right by Alexander Wunsch 

この青色光は血液循環の増強の原因である赤色光近赤外線波長の領域を
欠くと共に多くの場合再生不十分となります。


明るさを制御しても目の保護にはなりません

電源オンの時、画面の明るさの調整は制御パルス幅変調によってなされてます。
あなたがスクリーンの明るさを落とした場合、輝度の軽減により
確かに目に優しい気分になります、しかし、刺激の力は縮小されません。

目のちらつきと明るさは比例しなかった

周波数変調によってより低くなった画面の明るさに目で気づく場合でも、
光の刺激振動は、常に等しく深いレベルの体内組織に浸透しています。

結果、パルス信号は生物学的なバランスを乱すことに繋がります。
TFT画面は唯一電源を停止したときにチラツキをストップさせます。

輝度を落すことよりも、完全にPRiSMA®オフィスグラスをかけた上で、
画面を起動することを推薦します。

画像の説明

PRiSMA®オフィスグラスのフィルター効果
Copyright by Alexander Wunsch 

あなたの視力を守ります

常時、PRiSMA®オフィスグラスを着用することは、機械的、科学的危険から
目を保護するために大いに役に立ちます。

危険とは無防備状態の画面によるコンピューターの仕事によって引き起こされます。

蛍光灯の下でも同様です

上述したようなダメージを与えるメカニズムは既に細胞実験で実証されています。
オーストラリアでは2007年より公共の場での蛍光灯及び省エネランプの禁止条例が
出ています。
同じくドイツでも2009年より同じ条例が発動する予定です。

欧州のRoHS((ローズ)は、電子・電気機器における特定有害物質の使用制限についての指令)
でもスクリーンや家電製品などへの使用の制限に水銀が含まれて決定しています。

現状で、自分を守るために、
私たちは、眼、体、心、精神を
すこやかに保つための生活予防措置としてのPRiSMA®オフィスグラスを
着用することを推奨します。
あなたの心身はあなた自身で
守る事が必要となってきています。

オフィスグラスの商品はこちらから

是非 ご活用下さい!!

就労者は簡単に年間4000時間以上の水銀の放射線にさらされています
PRiSMA ®オフィスグラスを使用してあなたの視力を守りましょう。

オフィスグラスの商品はこちらから

コンピューターから目を守りたい:3730人 今日:2 昨日:0

BBS7.COM
MENURNDNEXT